メタ・インフォはDrupalのプロフェッショナルです。

私たちがDrupalを採用した理由

皆さんはシステムの開発がどのように行われているかご存知でしょうか?従来の開発では長い時間をかけて設計を行い、さらに複雑なプログラミングコードを書いていました。設計資料と手作りのプログラミングコードは膨大な量となり、間違い(バグ)が生まれる可能性も高くなります。そしてバグを潰すためにさらに時間をかけてテスト・修正を繰り返していました。結果、システム開発が終わった頃には最初の要求とはズレていたり、最新のWebに対応できていないことがあります。また、時間がかかればその分コストにも跳ね返ります。

「ITの世界は変化が激しい。従来型の開発ではお客様のリクエストに満足できるレベルで応えることは難しくなる。スピーディかつ安全に開発する手法はないか?」

そこで私たちが採用したのがDrupalです。
Drupalにはコードを書かずに利用できる機能が多数揃っています。そのどれもが高いレベルで、機能面においてもセキュリティ面においても安心して使うことができます。すでにある機能を組み合わせることで短時間で開発することができるので、システムやサービスをスモールスタート(MVP開発)させたい場合には最適です。
またDrupalは、お客様が実現したいことに応じて細かくカスタマイズすることができます。作ったものを捨て去る必要はありません。”手のひらサイズ”から始めて、機能を拡張することで”世界規模”まで成長させることができます。

私たちは過去のシステム開発の経験を活かしながらDrupalを使いこなし多数の実績を積み重ねてきたことで、どこよりも早く安全な開発を実現することができるようになりました。システム開発、ウェブアプリケーション開発をお考えの方はぜひDrupalをご検討ください。Drupalのプロフェッショナルとして私たちメタ・インフォがお客様の理想を最短で実現し、ビジネスの成長を長期的にサポートいたします。

Drupalの特徴をご紹介

スモールスタート・MVP開発に最適

Drupalの特徴はなんと言っても豊富な機能と柔軟なカスタマイズ性にあります。Drupalがすでに持っている機能を組み合わせることでスピーディに開発することができます。手間のかかる設計や基礎部分の開発、テスト等の時間を大きく節約することができます。スモールスタートに時間をかける必要はありません。Drupalという強固な土台の上に構築することで、小さく始めたシステムをビジネスの成長とともに大きく育てていくことができます。

""
""

大規模システムの開発

Drupalは大規模かつ複雑で膨大なデータを取り扱うシステムの開発に適しています。データベースで1億以上のレコード、数万件のユーザーを管理することもできます。サーバー構成も柔軟に設計することができ、例えば当社ではフロントエンド、バックエンド、サーチエンジン、データ収集など、役割ごとにサーバーを分散し、Drupalと連携して構築した実績がございます。

Drupalでの大規模システム開発実績例
学術機関リポジトリデータベース(IRDB)
https://irdb.nii.ac.jp/
図書館総合展
https://www.libraryfair.jp/

多言語対応

グローバルに事業やサービスを展開するにはシステムやコンテンツの多言語対応(外国語対応)が必須となります。
Drupalには標準で100カ国以上の言語に対応した高度な多言語対応機能が搭載されています。Drupalの多言語機能は柔軟かつきめ細かく、ワークフロー(承認フロー)や管理画面の多言語化だけでなく、画像の代替テキスト(alt属性)までも多言語化対応することができます。Drupalで多言語化したコンテンツの管理はシンプルです。多言語化により業務フローが複雑化することはありません。コンテンツを管理するグローバルの責任者と各言語ごとの担当者がストレスなく自身の業務を正確に遂行することができるようになります。

Drupalでの多言語対応開発実績例
国際農研
https://www.jircas.go.jp/

""

Drupalによる開発事例

東京大学学術資産等アーカイブズポータル

東京大学学術資産等アーカイブズポータル

Drupal 8で構築

東京大学の様々な部局が独自に公開してきた貴重なコレクション等をアイテム単位で横断的に検索できるシステムです。

PC画面

株式会社カルチャー・ジャパン様

株式会社カルチャー・ジャパン様は、書籍・資料の保管、整理、配架、引越し、除菌等メンテナンスと、図書館関係者のためのコンベンション「図書館総合展」の企画運営を行っています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。まずはお客様の状況整理からお⼿伝いさせていただきます。